ユンボは建設機械・重機の代表ですね!

建設機械はヤフオクで探そう!


<建設機械>




<中古・ミニ・小型ユンボ・アタッチメント>




<メーカー別でユンボを探す!>


建設機械のメーカー

ユンボやブルドーザーなどは建設機械・重機の代表的な存在ですね。建機にはクレーンやモーターグレーダー、ホイルローダー、スクレーパー、そして土砂などを運搬する重ダンプ(別名:マンモスダンプ)など沢山ありますが、アタッチメントの取り替えにより、あらゆる作業をこなしてしまうユンボは、とっても便利な建機です。

 

ユンボという呼び名は一般的ですが、正式な統一名称は「油圧ショベル」、他にも業界で使われている名称はバックホーやパワーショベル、ショベルカーなどです。

 

大型のユンボは鉱山やダムなどの大規模な建設現場などで使われていて私たちは、普段見かけることは有りませんが、小型ユンボやミニのマイクロユンボなどは住宅地の設備工事や道路工事の現場などで頻繁に見かけることができます。

 

日本国内には沢山の建設機械のメーカーがありますが、国内で一番大きな建機メーカーは何と言っても小松製作所(コマツ・komatsu)ですね。コマツは世界でも第二位の事業規模を誇っています。ちなみに世界第1位はCATことキャタピラー社です。

 

そしてコマツに次いで国内第二位の建設機械メーカーは日立建機です。日立建機もコマツ同様に世界規模の事業規模を誇り、世界でもコマツに次いで世界第三位です。

 

その他のメーカーと言えば農機具の製造で有名なクボタ、ディーゼルエンジンで有名なヤンマー、他にCATの日本法人であるキャタピタージャパン、それにコベルコ(kobelco)、住友建機、加藤製作所、竹内製作所、日立建機ティアラなどなど沢山の会社が存在しています。これらのメーカーが製作したユンボなど建設機械は中古を含めて、世界各国で活躍し、高い評価を得ています。

中古ユンボの購入の際の注意点

中古のユンボなどの建設機械を販売している業者と言えば、建機を製造しているメーカー自体のほかにも、中古建設機械の販売業者など沢山あります。

 

インターネットを使えば、コマツや日立建機、ヤンマーやクボタなど大手のサイトから中小の中古建機販売の会社の販売サイトまで、事務所や自宅から簡単にアクセス出来ます。また、ヤフーオークションなどネットで行なわれているオークションもありますので、そちらを探してみたら、あなたが探している中古ユンボが見つかるかもしれません。ヤフオクには沢山の業者が、新車や中古、それに中古部品など出品しています。

 

ですが、ネットの通販などで価格の高い建設機械などを購入しようとする場合には、少し注意しなければならない事があります。中古を購入した後で直ぐに故障してしまったりしては修理費もかさみますね。

 

中古建機販売サイトに載っている情報と写真・画像だけでは、探している機種の情報は得ることは出来ますが、実際に現物を見ることは出来ませんし、業者から詳しい情報を得ることはできませんよね。ですから、欲しい機械を見つけたら、購入するかどうかの最終的な判断は、現物を現地まで行って実際に自分の目で見たり、エンジンの音を聞いたりしてからにしましょう。

 

現物を現地で見ると、サイトの写真だけでは分からない錆びの具合やオイル漏れなど油圧関係の状態、それにレバー方式だけではなくユンボの以前の所有者の名前、保証の有無などなど沢山の情報をチェックできます。ですから、現地へ行って現物をご覧になられることをオススメします。

 

コマツ(komatsu・小松)のパワーショベル

コマツ(komatu)は、ユンボやブルドーザーなどを製造、販売する会社で、シェア世界第2位、国内では第1位のグローバルで巨大な建設機械メーカーです。

 

製造しているユンボは、マイクロユンボと呼ばれる超小型のショベルであるpc01は、機動力が抜群で、国内でも人気です。また、中型の定番であるpc200や、大型のユンボであるpc2000、さらには海外では超大型のPC8000など、小さなものから超大型の物まで製造、販売しています。

 

コマツの製品は、海外では品質に定評があり、コマツの関連企業は、サウスアメリカ・ノースアメリカ、ヨーロッパ、CIS、中近東や中国などのアジア、オセアニアなど世界中に点在してグローバルな情報網を持っています。そして、特に、経済の発展が目立っていたブリックス(ブラジル、ロシア、インド、中国)においてのコマツの建設機械の人気は、CATの人気を凌駕するほどです。

 

●株式会社小松製作所・・・107-8414 東京都港区赤坂2-3-6